• 駐車場
    17台完備

予防接種

  • 内科
  • 消化器内科
  • 皮膚科
  • 美容皮膚科

〒860-0863 熊本県熊本市中央区坪井1丁目3-46

診療時間 日祝
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日水曜・土曜午後、日曜、祝日

水曜・土曜日は 9:00~14:00の診療となります。
※美容皮膚科は令和4年10月から診療開始、完全予約制(電話・WEB)となりますのでご了承ください。
※整形外科は月曜・金曜の午後診療のみで、新患の受付は基本的に行えませんのでご了承ください。

予防接種とは

予防接種画像

当院は、予防接種を行っております。そもそも予防接種とは、ある特定の感染症の病原体(ウイルス、細菌 など)の病原性を無力化、あるいは極力弱めた薬剤(ワクチン)を体内に注入(接種)していくことで、その感染症に対する免疫をつけられるようになります。これによって、感染したとしても発症しにくくなる、あるいは発症しても軽度な症状で済むようになります。

このように予防接種は、ご自身の身を守るということもありますが、予防接種をすることができない方々への感染リスク(市中感染)を減らすという目的もあります。

当院で行う主な予防接種

帯状疱疹ワクチン

当院では帯状疱疹ワクチン(シングリックス®)の接種を行っております。

対象者 50歳以上
費用 1回22,000円(税込)の2回接種
合計:44,000円(税込)

帯状疱疹とは・・・

身体の中に潜んでいた、水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こされ、体の片側にピリピリとした痛みや、赤い発疹が発生します。
全身に発症する可能性はありますが、症状の多くは上半身に現れ、顔・目・頭に現れることがあります。
50歳代から70歳代に多くみられます。

通常、皮膚症状が治癒すると痛みも消えますが、治癒後も痛みが持続する場合もあります。
これは、帯状疱疹後神経痛(PHN)と言い、痛みの種類は多彩に渡ります。
灼けるような持続性の痛み、ズキンズキンと疼くような痛み、軽い接触だけでも痛む、「アロディニア」と呼ばれる痛み等が混在し、睡眠や日常生活に支障を来すこともあります。

インフルエンザワクチン

インフルエンザは毎年冬~春の季節にかけて流行する季節性の呼吸器感染症で、お子さんやご年配の方は重症化しやすく、子どもではインフルエンザ脳症や肺炎、高齢者の方は肺炎を引き起こすこともあります。インフルエンザワクチンの接種をより有効にするには、接種時期が大切で、遅くともインフルエンザのピーク時期になる1~3月を迎える前に打つようにしてください。なお、同ワクチン1回の接種による持続有効期間は約5ヵ月、接種後に効力が現れるまでは2週間必要とされています。そのため遅くともピーク前の12月中旬頃までには接種することが望まれます。ちなみにインフルエンザワクチンは、毎年10月頃から接種が開始されます。

また接種回数につきましては、年齢によって異なります。13歳未満のお子さんは計2回打つ必要があります。13歳以上からが1回の接種となります。なお2回打つ場合は、1回目の接種後、2~4週間程度空けてから打つようにしてください。生後6ヵ月の乳児から接種は可能です。

このほか、高齢者(65歳以上、および60~64歳の方で重い疾患(心臓、腎臓、呼吸器 など)の方)につきましては、インフルエンザワクチンを受けることは定期接種扱いとなりますので、費用が一部助成されることもあります。詳細は、お住まいの自治体のHPをご確認ください。

コロナウイルスワクチン

当院では、新型コロナウイルスワクチンの予防接種も受け付けています。ご希望の方は、予防接種の接種券をご確認の上、お気軽にお問い合わせください。なお、新型コロナウイルスの蔓延状況などによって政府の対策が変更することもありますので、事前にお電話して頂き、ご確認の上で受診されるようにして下さい。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は日本人の死因第5位(厚生労働省:「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況」)となっていますが、この病気でお亡くなりになる方の97%以上が65歳以上の高齢者と言われています。なお肺炎と言いましても、様々な病原体(細菌、ウイルス など)が原因となって肺が感染して、炎症を起こすわけですが、成人が発症する肺炎の約3割は、肺炎球菌が原因と言われています。このことから高齢者の肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)接種は定期接種とされ、費用の一部が助成されます。なお全ての高齢者を対象とはしていません。

また対象外という方であっても、全額自己負担にはなりますが、接種をすることはできます。ただ、再接種を希望される方で、前回の接種から5年未満という場合に受けると、注射部位に強い痛みが出ることがあります。そのため、再接種をされる場合は、必ず前回から5年以上が経過してから打つようにしてください。

二種混合ワクチン

ジフテリアと破傷風を予防するワクチンで、四種混合の接種で獲得したこれらの免疫をさらに強固にするための接種となります。小児の定期予防接種で、11~13歳未満の間に1回接種します。なお定期接種の期間を過ぎてから受診する場合は任意接種扱いとなり、全額自己負担となりますのでご注意ください。

日本脳炎

日本脳炎を予防するために行われる小児の定期接種で、不活化ワクチンによる皮下注射になります。定期接種での推奨年齢と接種回数は、3歳から5歳未満の間に3回、9歳~13歳未満の間に1回の計4回です。

なお日本脳炎は蚊(アカイエカ)が媒介するウイルスに感染することで発症し、高熱や頭痛、嘔吐のほか、意識障害やけいれんといった症状がみられます。人によって知覚障害や運動障害といった後遺症が残ることもあれば、亡くなってしまうこともあります。

きたがわ内科のりこ皮ふ科クリニック

〒860-0863 熊本県熊本市中央区坪井1丁目3-46

院 長
北川祐介
医 師
北川 徳子 (皮膚科・美容皮膚科)
山城 健一 (整形外科)
園田 英一郎 (内科)
梅田 照久 (循環器内科)
診療内容
消化器内科、皮膚科、美容皮膚科、整形外科、内科、循環器内科、睡眠時無呼吸症候群、訪問診療、リハビリテーション科、健康診断、予防接種、胃カメラ・大腸カメラ
TEL
096-343-1200
アクセス
藤崎宮前駅から徒歩4分
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日水曜・土曜午後、日曜、祝日

水曜・土曜日は 9:00~14:00の診療となります。
※美容皮膚科は令和4年10月から診療開始、完全予約制(電話・WEB)となりますのでご了承ください。
※整形外科は月曜・金曜の午後診療のみで、新患の受付は基本的に行えませんのでご了承ください。

診療担当表
内科・
内視鏡
午前 北川(祐) 北川(祐) 北川(祐) 北川(祐) 北川(祐) 北川(祐)
午後 北川(祐) 北川(祐) 北川(祐) 北川(祐)
皮膚科 午前 北川(徳) 北川(徳) 北川(徳) 北川(徳) 北川(徳) 北川(徳)
午後 北川(徳) 北川(徳) 北川(徳) 北川(徳)
内科 午前 梅田
午後 園田 園田
整形外科 午前
午後 山城 山城
WEB予約 ブログ 内科 皮膚科 LINE
096-343-1200 WEB予約